消費者物価指数と小売統計

消費者物価指数とは?

総務省から毎月発表される消費者が購入するモノやサービスなどの物価の動きを把握するための統計指標指標。前年・前月からいくら値上がりしたかを集計計算し、値上がりしたらプラス、値下がりしたらマイナスとなる。
消費者物価指数の変化をもって物価の変動を見ることができるので、国民の生活水準を示す指標のひとつになっている。

この表からわかること

2016.7 ON O
wiNHij 99.6 -0.5 -0.2
GXeeBbN 101.5 1.1 0.0

(経済産業省HPより引用)

  • 前年前月と比較から物価の変動がわかる
  • 時系列で把握することで、今後のトレンドが予測できる

小売り物価統計調査とは?

総務省から毎月発表される消費生活上必要な商品の小売価格やサービスの料金などを直接店舗から調査。消費者物価指数と共に、景気動向や消費者動向などを判断する重要な指標のひとつである。

総務省HPより引用)

この表からわかること

2016.7 ON O
S 11245 -413 -23
Dy 12960 0 0
12960 -1080 -1080
s敔 14904 336 0
É 14040 280 0
7452 0 0
L 11880 0 0
R 11880 280 0
11880 -1880 0

エステティック料金は、以下の条件を満たすコースの価格である。

フェイシャル,アンチエイジング又は美肌を目的としたコース

  • 施術内容:(クレンジング・洗顔,ピーリング,吸引,イオン導入,リフティング,リンパドレナージュ,マッサージ,パック,トリートメント,整肌のうち5施術以上)
  • 施術時間:60~75分,女性,ビジター料金

(経済産業省HPより引用)

  • 上記の条件を満たすエステティック料金が具体的にわかる
  • 前年前月と比較から価格変動がわかる
  • 時系列で把握することで、今後のトレンドが予測できる

エステティックサロン

  • 料金設定時の参考資料
  • 市場動向の予測

↑