米ニュートロジーナ、新しい皮膚分析ツールを発表

最新商品

2018.01.12

国際部

米ジョンソン・エンド・ジョンソン傘下のスキンケアブランド・ニュートロジーナは、消費者の肌の状態を追跡してパーソナライズされたスキンケアのアドバイスを提供するツールを製品化したことを、このほど発表した。ラスベガスで開催されているコンシューマー・エレクトロニクス・ショーケース(CES)で、新しく開発した Neutrogena Skin360™ (Skin360™アプリ)と SkinScanner(スキンスキャナー)を紹介、米国市場で2018年下半期に販売を開始する方針を明らかにした。

同社が開発したスキンスキャナーは携帯電話に装着させて利用する。スキャナーを皮膚に直接あてて裸眼では見えない肌の健康状態を測定していく。30倍の拡大レンズ、12種類のハイパワーライト、高精度のセンターを搭載したスキャナーは毛穴の外観、シワの大きさと深さ、皮膚の水分量を測定することができる。


収集された皮膚のデータはアプリ『Skin360』に転送され、豊富な科学的研究と専門知識を活用して利用者の皮膚状態を分析しスコアで表示する。その後、スキンケアや肌トラブルの改善対策などのアドバイスを提供していく。スコアはリアルタイムで表示されるため、利用者は時間の経過とともに皮膚がどのように変化するかを理解することができる。より多くのデータが分析されるにつれて、アプリは学習能力を得てより正確でインテリジェントになっていくという。

Neutrogena Skin360™アプリとSkinScannerツールは、公式サイト(Neutrogena.com)で今年後半より 49.99ドルで発売する予定 。

参考リンク
neutrogena.com

#

↑