クローズアップ Brauty & Healthcare News スペシャルリポート

新着記事

②人工皮膚、化粧・医療用の棲み分けなくなる(下)

2020.01.28

【連載】化粧品が起こすイノベーション・この技術に注目

②人工皮膚、化粧・医療用の棲み分けなくなる(下)

グンゼと京都大学は、共同で機能性人工皮膚「ペルナック Gプラス」を開発した。医療機器として製造承認(2018年)され、保険での治療が受けられ...

②人工皮膚開発に多業種の企業が参入(上)

2020.01.27

【連載】化粧品が起こすイノベーション・この技術に注目

②人工皮膚開発に多業種の企業が参入(上)

人工皮膚に関する研究開発は、化粧品会社に加えてパナソニック株式会社(大阪府門真市)やグンゼ株式会社(大阪府大阪市)、ベンチャー企業など多業種...

①花王、ES法で人工皮膚を実用化(下)

2020.01.22

【連載】化粧品が起こすイノベーション・この技術に注目

①花王、ES法で人工皮膚を実用化(下)

花王が開発したファインファイバー技術は、直径がサブミクロンの極細繊維を肌に直接噴きつけることで軽く、やわらかく、自然な積層型極薄膜(人工皮膚...

連載テーマ

「化粧品原料メーカー、商社の事業展開に迫る」

「我が社の生薬配合化粧品ビジネス」

【連載】化粧品・美容各社の業績と企業買収

【連載】化粧品・美容関連ベンチャーの考証

【連載】化粧品・美容関連ベンチャー企業の成長軌跡

【連載】化粧品各社のイノベーション研究

【連載】化粧特許と知的財産権

【連載】医薬・創薬企業の化粧品事業

【連載】大手化粧品会社の研究

【連載】幹細胞化粧品開発元年

【連載】美容漢方~漢方の新たな市場を創出~

〇解説記事

化粧品OEM・ODM各社の「ユーザーニーズに対応するわが社の事業展開」

連載・異業種から化粧品分野に新規参入した上場各社の化粧品事業に迫る

↑