【連載】この中小化粧品会社に注目㉙ティアーズ(下)~未病ケアに視点を当てたヘアケア開発へ~

2020.12.15

特集

編集部

ティアーズの企業理念は「自然との共生」。化粧品開発においても植物由来の成分・エキス等を取り入れ、髪にも頭皮にも環境にもやさしい多彩なオリジナル化粧品を生み出すこと基本としている。
現在、市場に投入している主な化粧品は、業務用としてヘアケアシリーズ、ゴールドウエーブ、ストレートパーマ・縮毛矯正 シリーズ,店販用としてクレメンティアシリーズ等のヘアケア剤やヘア-カラーがある。

この中で好調な販売を見せているのがルーモスダイヤヘアカラーをはじめアステティックヘアカラー、ウェル&ウェル早染めなど。また、店販品のヘアケア製品「クレメンティア」(写真)は、サロンの認知度向上やバラエティショップなどの新たな販路開拓などが奏功して主要ブランドに成長した。
さらに、テレビⅭⅯなどの媒体やプロモーション効果で「シャンプー・トリートメント、仕上げ剤等のラインナップを充実させたことで、ヨーロッパ製ヘアケアも堅調な動きにある。

ヘアケアに加えて化粧品としての先駆けとして発売したファラジースキンケアは、ユーザーが固定化し、定着している。
中でも、スキンケアとは、全く違う発想の「顔が運動するクリーム」というコンセプトで開発したファラジー アクティブ シークレットクリーム「ザ エフ」は、実需につながり幅広いファンを獲得している。

これからの化粧品開発について同社は、髪のダメージや異常を見つけて事前に予防する「未病ケア」に視点を当てて美しい髪を実現するコンシューマー向けヘアケア製品の開発に力を入れる方針。
販売チャネルについても現在のサロン直販型だけではなくディーラーを介した販売も手掛ける意向。
ディーラーを介した販売は、店販品を美容サロン以外へ流通することになり、サロンの売上げを奪うことにつながる懸念がある。
同社は「一般ユーザーの認知度向上が、サロンにおいて提案しやすくなる」ことから価格の引き下げなしに販売できる一般市場での展開にも力を入れ、収益向上につなげる方針。

#

↑