【連載】この中小化粧品会社に注目⑳ローザ特殊化粧料(上)~アロマセラピスト等の自分流化粧品作りを支援~

2020.10.29

特集

編集部

株式会社ローザ特殊化粧料(東京都東久留米市、設立1982年7月)は、地元産の果物、野菜等(地産地消)からエキスを自社で抽出し、エコ化粧品や石鹸を作る一方、小ロット、1品のサンプル商品でもOEM受託生産する「コスメティングサービス」を推進する多摩ブランドを標榜するご当地化粧品メーカー。2020年9月に昭島市から東久留米市に移転した。

同社の特徴は、F=フルーツ、F=フラワー、V=ベジタブル、S=シーウッド・ストーン〈化石〉、T=トゥリー(木)など自然植物から化粧品に有効な成分を抽出する技術を保有。いずれも抽出した原料は、日本化粧品工業連合会の原料基準に準拠して抽出し、ミネラル豊富な昭島深層地下水と合わせて化粧品(オーガニックジェル&ローション)を作りあげるなど地産地消、地場産品の活用を図ってご当地コスメを作っている。
現在まで、東京・檜原村の檜で作った「檜原コスメシリーズ」をはじめ羽村市のチューリップの花びらより抽出した化粧品や青梅の梅と酒蔵の酒粕とのコラボ「酒の華石鹸」などを商品化した。

現在、通販市場に投入している主な化粧品は、350種以上のハーブや植物抽出液からチョイスした原料を使用した基礎化粧品「ペアローザシリーズ」をはじめ皮膚科学によって生まれた「ドクター二木シリーズ」、地産地消をモットーに開発したエコ化粧品「桧原コスメシリーズ」オリジナル石鹸などがある。

OEM生産では「コスメティングサービス」を錦の御旗にして受注拡大に繋げている点も特徴だ。
コスメディングサービスは、肌トラブルを抱えて化粧品を作りたいとする個人やエステ・美容サロンなどの「オリジナル化粧品やオイルなどを商品化したい」とするプロ向け美容師等に対応した新製造サービスのこと。

サービスの内容は
①アイデアレベルから対応し試作の期についても薬機法を尊守しながら支援
②容器、箱、シールまで製品化する③ロット数は1個から対応するなど受託生産面では、世界一小さなOEMメーカーである。いわば、このコスメディングサービスは、好みのオリジナル化粧品を試作、販売したい人を支援する事業。

同事業は、2018年5月からサービスを始めており、成分の調合などについて助言し、考えた通りの化粧品がつくれるよう製造まで手伝う。自分の好きな化粧品を求めるアロマセラピストなどの利用を見込む。

#

↑