仏ロクシタン、アメリカで連邦破産法11条を申請

最新商品

2021.01.28

国際部

フランスの自然派化粧品大手のロクシタングループは、26日、ニュージャージー州の裁判所に米連邦破産法11条(チャプターイレブン)を申請したと発表した。コロナ渦、高い店舗賃貸料の影響を受け採算の合わない店舗からの撤退を含めて、アメリカ市場でのビジネス再構築を加速する。申請には米国外での事業は含まれていない。

オンライン販売は前年比で劇的に成長しており、管理不能な店舗リース条件に対処し 実店舗経営を最適化するためにチャプターイレブン申請を判断したという。ロクシタン北米マネージングディレクターのYann Tanini氏は、今回の申請について、「ロクシタンの米国事業の可能性を最大限に引き出す上で極めて重要な一歩です」などと、コメントしている。

#

↑