ジボダン、米ウンゲラー&カンパニーを買収

最新商品

2019.11.21

国際部

スイスの香料最大手ジボダン社は、8日、ニュージャージー州に本社を置くフレーバーとフレグランスの特殊原料開発会社 Ungerer&Company(ウンゲラー&カンパニー)を買収したと発表した。買収額など詳細については明らかにされていない。ウンゲラーの2018年の売上はおおよそ2億5000万ドルとみられている。同社は買収取引を2020年第1四半期に完了する予定。

ウンゲラー&カンパニーは、創業125年の老舗香料開発メーカー。食品、飲料、栄養補助食品、およびフレグランス業界の顧客に専門原料、フレーバー、フレグランスを供給している。すべてのセグメントで強力な市場地位を確立し、顧客ベースで高い品質評価を得ている。現在、アメリカのほかイギリス、中国、インド、オーストラリア、メキシコなど60か国以上に拠点を持ち、合計8つの製造施設と6つのR&Dセンターを保有する。

今回の買収は、ジボダンのグローバルなフレーバーおよびフレグランス事業の能力を拡大する2020年戦略の一環としている。

参考リンク
givaudan.com
ungererandcompany.com

#

↑