ユニリーバ、2025年までに全世界でリサイクル可能な歯磨き粉チューブ導入

最新商品

2021.05.26

国際部

英蘭ユニリーバは、18日、全世界で展開するオーラルケアブランドの歯磨き粉の容器を2025年までにリサイクル可能なチュープに変換する計画を発表した。対象になるのは Signal、Pepsodent、Closeupなどのブランド。2021年後半に最大のオーラルケア市場であるフランスとインドでリサイクル可能なチュープを導入する。第一弾としてフランス市場でポートフォリオの3分の1以上(35%)を占める最大の製品であるSignalにリサイクルチューブを展開する計画。

新しいチューブは、アルミニウムの代わりにリサイクル可能なプラスチックの1つである高密度ポリエチレン(HDPE)を主に利用して設計された。さらに、220ミクロンの最も薄いプラスチック材料を採用することで各チューブに必要なプラスチックの量を削減していく。同社が開発したリサイクル可能なチュープは、ヨーロッパ、北米、アジア市場でリサイクル可能性基準を設定するRecyClassによって承認されている。

同社は、米アムコー・テクノロジー、フィンランドのフタマキ、インドの EPL(旧エッセルプロパック)、大日本印刷インドネシア(DNPI)などの複数のグローバルパッケージメーカーと提携しており、2025年までにリサイクルチュープに転換するプロジェクトの達成を目指す。

参考リンク
unilever.com

#

↑